エドハゼ(Gymnogobius macrognathos)の解説トップに戻る
エドハゼ(Gymnogobius macrognathos)の分類 Gobiidae
エドハゼ(Gymnogobius macrognathos)の概要 Gymnogobius

エドハゼ(Gymnogobius macrognathos)

絶滅危惧II類 (VU)

【環境省】絶滅の危険が増大している種

【 学名 】
Gymnogobius macrognathos (Bleeker, 1860)

基本情報

大きさ・重さ

全長:5 cm

参考文献

分布

兵庫県の日本海沿岸、宮城県万石浦~徳島県吉野川の太平洋沿岸、宮崎県一ツ瀬川、福岡県津屋崎~熊本県八代の九州沿岸、瀬戸内海、朝鮮半島西岸、中国山東省、ピーター大帝湾に分布する。

参考文献

別名・方言名

地方名:ダボ・ダボハゼ(関東地方:混称)

参考文献

分類学的位置付け

スズキ目 ハゼ科 ハゼ亜科 ウキゴリ属

参考文献

形態

成魚の形質

チクゼンハゼに似るが、下顎にひげ状突起がなく、体の斑紋がより不明瞭である。

体が細長くて第2背鰭や尻鰭がふつうのハゼより後方にある。体側の斑紋ははっきりせず、尾鰭の点列は下まで達していない。

参考文献

似ている種 (間違えやすい種)

チクゼンハゼ

参考文献

生態

生息環境

チクゼンハゼより泥の多い底質を好み、広大な泥質干潟が発達する内海や、湾内の前浜干潟、河口干潟に生息する。

生息地は限られており、自然環境が良好に保たれている河川の河口域や汽水湖ではそれほど珍しくないが、人為的な影響で生息地の環境が悪くなると真っ先に姿を消す。

参考文献

食性

動物食である。

参考文献

その他生態

砂泥底を好み、石などの物陰にはあまり隠れない。中層もよく泳ぐ。

チクゼンハゼと比べて仔魚の出現時期、場所、大きさはほぼ同じだが、着底稚魚はやや大きい。

参考文献

種・分類一覧