Channa maculataの解説トップに戻る

Channa maculata

低危険種 (LC or LR/lc)

【IUCN】現時点での絶滅危険度の低い種

【 学名 】
Channa maculata (Lacepède, 1801)

基本情報

大きさ・重さ

全長:30~80 cm

参考文献

分布

現在、和歌山県、兵庫、香川および沖縄各県に分布している。

自然分布域は、福建省以南の中国大陸、ベトナム、台湾島、海南島、フィリピンなどである。

参考文献

別名・方言名

地方名:ライギョ・ライヒー(日本各地:混称)、タイワン(琵琶湖)

参考文献

分類学的位置付け

タイワンドジョウ科 タイワンドジョウ属

参考文献

人間との関係

日本へは1906年に台湾島から大阪府堺市へ移入されたのが最初である。

一部で大物釣りの好対象とされ、カエルを餌としたり、あるいはルアーフィッシングで容易に釣れる。全国的に見ると、最近は一時に比べて数が少なくなっているといわれる。

台湾や香港では食用として、生きたままよく売られている。

参考文献

形態

成魚の形質

体形はカムルチーに酷似する。体側には多くの場合3列に並ぶ斑紋があるが、それが明瞭なものから不明瞭なものまでさまざまである。各斑紋はカムルチーに比べて小さく数も多い。

背鰭には暗褐色の2本の縦条がある。背鰭・尻鰭の軟条数はそれぞれ40~44軟条、28~30軟条で、カムルチーより少ない。

参考文献

生態

生息環境

生息環境はカムルチーとほぼ同じである。

参考文献

食性

食性はカムルチーとほぼ同じである。

参考文献

産卵

産卵生態はカムルチーとほぼ同じである。

参考文献

関連情報

種・分類一覧