Parioglossus dotuiの解説トップに戻る
Parioglossus dotuiの分類 Microdesmidae
Parioglossus dotuiの概要 Parioglossus

Parioglossus dotui

【 学名 】
Parioglossus dotui Tomiyama, 1958

基本情報

大きさ・重さ

全長:4.5 cm

参考文献

分布

八丈島、千葉県~屋久島の太平洋沿岸、能登半島~九州北岸の日本海沿岸、済州島、九州西岸、琉球列島に分布する。

参考文献

和名の解説

和名は、体色が5月の新緑を忍ばせることに由来する。

参考文献

分類学的位置付け

スズキ目 ハゼ科 ハゼ亜科 サツキハゼ属

参考文献

形態

成魚の形質

体は側扁し、吻から尾鰭基底にかけての体側中央に暗色の縦条があり、尾鰭中央基底付近に体軸方向に長い黒色斑がある。尾鰭基底の黒色斑は後方に伸びる。

雄の第1背鰭は後方に伸びない。眼下の青色斑は短い。雌の肛門は黒い。

参考文献

生態

生息環境

河川汽水域から河口に隣接する海域、内湾湾奥、港や岩礁性海岸まで広く見られるが、中でも河口に多い。

参考文献

食性

岸近くの中層を数尾から数十尾の大小の群れをなして泳いでおり、プランクトン動物を食べる。

参考文献

産卵

天草における産卵期は7月上旬~9月上旬である。

参考文献

その他生態

汽水域から海水域の水深 0.5~1 mでカキが付着した岩や橋脚などのシェルターになるものの周辺に群れている。

他種と混合群をつくることは稀である。

参考文献

種・分類一覧