Parioglossus palustrisの解説トップに戻る
Parioglossus palustrisの分類 Microdesmidae
Parioglossus palustrisの概要 Parioglossus

Parioglossus palustris

低危険種 (LC or LR/lc)

【IUCN】現時点での絶滅危険度の低い種

絶滅危惧II類 (VU)

【環境省】絶滅の危険が増大している種

【 学名 】
Parioglossus palustris (Herre, 1945)

基本情報

大きさ・重さ

全長:3.5 cm

参考文献

  • 瀬能宏 2001 ボルネオハゼ, 川那部浩哉、水野信彦(著) 川那部浩哉、水野信彦(監修) 川那部浩哉、水野信彦(編) 山渓カラー名鑑 日本の淡水魚. 山と渓谷社 . pp. 564-565.
分布

これまでのところ、西表島のマングローブ帯の水路からだけ採集されている珍しい種である。

国外では西太平洋の熱帯域に分布する。

参考文献

  • 瀬能宏 2001 ボルネオハゼ, 川那部浩哉、水野信彦(著) 川那部浩哉、水野信彦(監修) 川那部浩哉、水野信彦(編) 山渓カラー名鑑 日本の淡水魚. 山と渓谷社 . pp. 564-565.
分類学的位置付け

ハゼ科 ハゼ亜科 サツキハゼ属

参考文献

  • 瀬能宏 2001 ボルネオハゼ, 川那部浩哉、水野信彦(著) 川那部浩哉、水野信彦(監修) 川那部浩哉、水野信彦(編) 山渓カラー名鑑 日本の淡水魚. 山と渓谷社 . pp. 564-565.

形態

成魚の形質

体側に縦条がなく、尾鰭下半部に四角形に近い黒色斑があることで、容易に他種から区別できる。

参考文献

  • 瀬能宏 2001 ボルネオハゼ, 川那部浩哉、水野信彦(著) 川那部浩哉、水野信彦(監修) 川那部浩哉、水野信彦(編) 山渓カラー名鑑 日本の淡水魚. 山と渓谷社 . pp. 564-565.

生態

食性

プランクトン動物を食べる。

参考文献

  • 瀬能宏 2001 ボルネオハゼ, 川那部浩哉、水野信彦(著) 川那部浩哉、水野信彦(監修) 川那部浩哉、水野信彦(編) 山渓カラー名鑑 日本の淡水魚. 山と渓谷社 . pp. 564-565.
その他生態

上げ潮時から満潮時にかけて、ヒルギ類の根の付近や間などの中層で2尾から数尾の小さな群れをつくる。

数が少ないためか、ミヤラビハゼやヒメサツキハゼと一緒にいることもある。

参考文献

  • 瀬能宏 2001 ボルネオハゼ, 川那部浩哉、水野信彦(著) 川那部浩哉、水野信彦(監修) 川那部浩哉、水野信彦(編) 山渓カラー名鑑 日本の淡水魚. 山と渓谷社 . pp. 564-565.

種・分類一覧